塾講師、かく語りき

京王線千歳烏山駅にある中学受験塾、烏山進学教室。講師が語る、学問に関係あることないこと。

BBQ答え合わせ(5)

BBQ答え合わせですが、土日は多忙につき、週末の更新を停止していました。

楽しみにしてくださっていた方には申し訳なく思っております。

 

さて、今回は5回目。

前回明大前で捕まえた謎の男(正体)から、2枚の紙を受け取ったところからです。

 

 

まずはそのうちの1枚を解読しましょう。

 

 

紙には、カラフルな数字が並んでいます。

f:id:dg-daiyo:20170703003516j:plain

恐らく次の行き先はNextStageの後に示された12けたの数字

上の22とか、44なんて当たり前のことのように思えますが・・・

 

 

そういえばこの紙、日本語が書かれていませんね。

英語がわからないと何を示す暗号か分からないようです。

 

 

ヒント

この紙が次の行き先を示していることは、どうしてわかったのでしょう?

それはNextStageという英語でわかりますね。

 

実はこの暗号、英語がわからないと解けないのです。

 

逆に言うと、英語がわかれば解けるのかな・・・?

 

 

ということでちょっと英訳。

 

 REDのTWO = YELLOWのTWO

 BLUEのFOUR = GREENのFOUR

 

 

わかりました?

 

分からない人にはさらにヒント。

 

  34

 

どうでしょう、これでも成立します。

 

 

 

 

 

解答

この問題では、

  2 (REDのTWO) 

 REDの2文字目 

 E を表します。

 

ですから、

 2(REDの2文字目)2(YELLOWの2文字目) → E

 4(BLUEの4文字目)4(GREENの4文字目) → E 

 3(GREENの3文字目)4(GREENの4文字目) → E

ということになります。

 

 

さて、このルールに則って数列を解読していくと、

f:id:dg-daiyo:20170703010436j:plain

HONKAN HONKAN

という文字列が得られます。

 

もちろんHONKANとは千歳烏山の弊塾本館のことですが、どうして同じ文字列が2回もくり返されるのでしょう?

 

 

HONKAN HONKAN・・・

 

HONKANを2回くり返す・・・

 

HONKAN 2回・・・

 

HONKAN 2階!

 

ということで、NextStage本館2階でした。

最後はダジャレみたいなオチでどうもすみません。

 

 

この暗号、ちょうどいいくらいの難易度かなぁと思って出題したのですが、末廣先生からの報告によると、末廣先生率いる中学生チーム(チーム名:Yes!末廣喰うにっく)はほとんど時間をかけずにこの暗号を解いたようです。

 

さすが中学生!頭の回転が速い!と感心していたのですが、よくよく聞いてみると、

スマホ「色 数字 暗号」と検索をかけたら、同じ仕組みの暗号が出てきたそうです。迂闊でした。

 

まぁ・・・こんな便利な時代ですから、自ら動いて調べることも重要ですね!

 

 

それでは次回、本館2階に入るための鍵番号です。