塾講師、かく語りき

塾講師、かく語りき

京王線千歳烏山駅にある中学受験塾、烏山進学教室。講師が語る、学問に関係あることないこと。

BBQ答え合わせ(8)

BBQ答え合わせの8回目です。

そろそろ、未着手だった暗号も出てくるのではないでしょうか。

当日見られなかった問題は、解説の最初に載せた問題を見て、一度考えてみてから答えを確認してくださいね。

 

前回、本館2階で記号を読み解いた班は、次に新館へと移動します。

すると予想通り、入口に鍵がかかっています

 

 

そしてその横にはこんな紙が。

f:id:dg-daiyo:20170706141450j:plain

あの記号です。

 

前回ブログの最後にあった文章・・・

 

 ――― この暗号、表を埋めることが大切なのです。 ―――

 

この一文が意味するのは、この扉のことでした。

表をしっかり埋めておかないと、鍵番号がわからないのです.。

 

ということで、前回の内容も反復しつつ、この記号の意味を考えましょう。

 

 

ヒント

 

前回の暗号は、ひらがなと記号の変換でした。

教室内にあった文字と、暗号の答えを求めるために必要な文字をきちんと整理すると、表がこのくらい埋まります。

 

f:id:dg-daiyo:20170706142727j:plain

それと、小さい黒記号●が「濁点」、小さい白記号○が「半濁点」を表すこともわかっています。

 

このくらい埋まっていれば、表に内蔵された規則性も簡単に見つかると思いますので、

ここから表の残りの部分を埋めてみてください。

分からない行もありますが・・・?

 

 

 

 

 

 

解答

 

表の作成は終わりましたか?

段は形、行は色で判断できます。

 

今回推測できる範囲で表を埋めると、次のようになります。

 

f:id:dg-daiyo:20170706143650j:plain

あいにく「ヤ行」と「ワ行」は埋められませんでしたが、今回の暗号には出てこないので一安心。

 

では、今回の暗号を見てみましょう。

f:id:dg-daiyo:20170706144414j:plain

 

読めましたか?

 

 

正解は

 

f:id:dg-daiyo:20170706144516j:plain

 

「ぽつだむせんげん」となります。

 

 

・・・あれ?今回考えているのは、4けたの鍵番号だったはず。

今わかったのは番号じゃないんだけど・・・。

 

といっても、学校で社会の勉強をした人ならわかりますね?

 

鍵番号4けたは、ポツダム宣言が受諾された年。

つまり、

「1945」となります。

 

 

この2重のひらがな暗号は、おおよそ読み取っただけで次に行ってしまうせっかちな班を1教室戻すために作られた、言うなればせっかち返しでした。(ネズミ返し的な)

桜井・田川組が考えそうなことですね(笑)

 

 

ということで、教室への鍵が開きました。

 

※当日、鍵ボックスに入れておく鍵を間違えてしまっていたため、

 いくつかの班に足止めをさせてしまいました。

 大変申し訳ございません。

 

新館教室内に入ると、すぐに3つほど目につくものがあります。

新館にはいくつかのしかけを施し、3段階の暗号を作成しました。

そのため1回で全部解説するのは難しいので、何回かに分けて解説します。

 

ということで次回、「新館・子供用暗号編」(あとできれば「大人用」も)

 

 

おまけ

 

前回の写真の中にありました、本館教室内に仕掛けられたこのはずれ紙

 

f:id:dg-daiyo:20170706150453j:plain

 

当日、熱い抱擁は1組たりとも送られては来ませんでしたが、もし送っていただければこのような画像をお返しする予定でした。

f:id:dg-daiyo:20170706151056j:plain

いつの間にこんな写真撮られたんだろう・・・?

 

で、これ、体張ってる割に「あ」と「き」2文字分の新情報にしかならないんですよね・・・。