塾講師、かく語りき

塾講師、かく語りき

京王線千歳烏山駅にある中学受験塾、烏山進学教室。講師が語る、学問に関係あることないこと。

BBQ答え合わせ(9)

答え合わせ9回目は、「新館教室・前編」です。

1教室に3つの暗号があるため、前後編に分けさせていただきます。

 

前回の鍵暗号を解き、教室の中に入ると、いくつか仕掛けられているものが見えてきます。そのうち、今回解説するのは2つ。

 

 

まず、教室に入ってすぐの机の上に置かれているのが、このような紙。

f:id:dg-daiyo:20170706162038j:plain

そして、これらのカード。

 

f:id:dg-daiyo:20170706162312j:plain

 

とりあえず問題文からわかるのは、仲間はずれを探せということでしょう。

ですが、・・・問題(1)? 子供のヒント?

 

 

 

ふと目を上げると、次にこのような紙に気付きます。

 

f:id:dg-daiyo:20170706160739j:plain

 

この紙、新館教室を2部屋に区切るパーテーションに貼られています。

つまり大人は奥の教室に入らないでください、ということですね。

そして、奥の教室に、子供用の問題が1問あります

 

 

まずは子供のヒントなしで、仲間はずれはわかるでしょうか・・・?

(もし分かってしまったら、子供のヒントは無用になります)

 

 

 

ヒント

 

大人が踏み込めなかった奥の教室には、このような張り紙がありました。

f:id:dg-daiyo:20170706163352j:plain

f:id:dg-daiyo:20170706163522j:plain

 

子供用の問題は、たくさんの候補の中から正しいものを選ぶ、という問題です。問題(1)とあるところを見れば、こちらが先に解くべき問題だということがわかります。

 

大人が見ればすぐにわかる問題ですが、もし子供がこの問題を解けないとすれば、ポイントになるのはいかにして大人に問題を託すか、となるでしょう。

 

 

ただし、もしこの問題を大人が聞いたら、問題(2)に変な先入観が植えつけられるかもしれませんよ・・・?

 

 

 

 

 

 

 

 

解答

 

まず、子供用問題の答えです。

 

英訳が正しいものとして、次の3つが挙げられます。

 

 

f:id:dg-daiyo:20170707041016j:plain

 

 

これらのカードには、英訳が正しい以外にも共通する特徴があります。

その特徴が見つかれば、大人用カードの中にある仲間はずれも見つかります。

 

f:id:dg-daiyo:20170706162312j:plain

 

ただし、この中に正しい英訳が1つもないことはわかります。

では、それぞれの漢字に当てられた英単語を和訳してみると?

 

 導 → Way=

 狼 → Beast

 織 → String=

 酒 → Water=

 字 → Child=

 三 → One=

 

この中では、「狼」「織」「酒」がわかりやすく特徴が表れています。

 

 

けものいとみずは、どれも部首を表しています。

 

子供からのヒントとして与えられた3つの単語も、

 国 → Country=くに(がまえ)

 銭 → Money=かね(へん)

 草 → Grass=くさ(かんむり) 

と、英訳であると同時に部首を示す単語でした。

 

したがって、今回の仲間はずれは、英単語が部首を表していないものとなります。

 

さて、残りの漢字は」「」「ですが、もちろん難解なものが残るように設定させていただきました(笑)

 

まぁ、ちゃんとインターネットで調べると一瞬で見つかりますのでご安心ください。

(逆にここでしっかり調べないと、誤った選択をしてしまうかも・・・)

 

 

ということで漢字を検索して部首を調べた結果、

 

 字 → 子 (正解)

 三 → 一 (正解)

 導 → 寸 (道じゃない!)

 

つまり、英単語が部首を表していなかったのは

f:id:dg-daiyo:20170707050830j:plain

であったことがわかります。

 

 

そして、このカードが次回「新館3問目」への布石となります。