塾講師、かく語りき

塾講師、かく語りき

京王線千歳烏山駅にある中学受験塾、烏山進学教室。講師が語る、学問に関係あることないこと。

〈短期連載〉絶縁宣言は突然に ~妹の結婚と出産~

は~い♪

妹との話は鉄板だわ☆

ドラマが1本仕上がるのではないかというレベルですので、よかったらだれかドラマにしてください!

解決していないのでパッピーエンドにはならないですが!

ってか、ありきたりなハッピーエンドは視聴者も辟易するから、バッドエンドのほうが視聴率いいかもですわよ(笑)

念のために申し上げておきますが、ドラマはバッドエンドが良くて、現実世界はハッピーエンドがイイです!ここ大事!(笑)

さて、この話は前回の続き、長期音信不通を経て、妹が結婚するまでです。

2014年の12月から1年と3か月ほどたった2016年の3月から始まります。

 

f:id:dg-daiyo:20171220040951j:plain

0.時々入る保険屋さんからの情報

父名義の車と保険があるので、事故を起こせば父に連絡が入ります。

3度ほど事故を起こしており、2回は対物、1回は対人で大変だったとのこと。

妹からの連絡はないが、昔からの付き合いのある保険のおじさまが元気だよと教えてくれていたようです。

 

1.音信不通から15か月、父の携帯が鳴り響く

父に突然知らせが入ります。

内容は「結婚するから戸籍ってどうしたらいいの?」です。

いや調べろよ!というツッコミはさておき、結婚??

父も驚いてしまったようです。あんなに一生独身がいいとかなんとか言っていたくせに、結婚??

しかもおなかには半年の赤ちゃんがいるとのこと!!

当然、相手に会って「娘をよろしくお願いします」とご挨拶をしたいとなります。

ところが、妹は相手に自分は天涯孤独で施設で育ったというようなことを言っていたようで会わせられないとかなんとか。。

いや戸籍でどうせバレるやろ!!!というツッコミはさておき、

父は戸籍のような大事なものは郵送できないとかなんとか色々と言い訳をして、妹と会おうと試みます。

妹もさすがに観念して父とは連絡を取るようになりました。

 

2.おなかにはあかちゃんと腫瘍

会って話をしたら、おなかに赤ちゃんがいるが、子宮に腫瘍があって、陽性だから様子を見ているとのこと。

父も然ることながら、母は心配で落ち着かない日々を過ごすことになります。

(自分が子供ができたらわかるけど、いくら「も~知らん!」とはいえ、内心は気が気でないのが親ってもんです。。。)

4月には妹の唯一の話相手であるお姉さんも出産を控えており、妊婦同士で相談しあっているとのこと。

後、9月に元気な赤ちゃんが生まれます。

腫瘍はどうなったか分かりません・・・。自然分娩だったようですし、大丈夫だったのでは?!

 

 

3.両親と旦那様との顔合わせ

父と連絡を取り始めて、しばらくして、

「結婚はOKだが、挨拶もないのは相手の家族に失礼だから、挨拶はさせなさい」という交渉になりました。父としては、双方の両親+本人達の顔合わせを望んだ(内心は妹と母の和解が目的)のですが、妹が母とは絶対に会いたくないとの一点張りでした。それでもなんとか説得させ会う段取りをつけました。(会うことになったと思っていた)、

なんとか顔合わせの日程を調整し、両親が現場に行くと、妹はおらず、妹の旦那様とそのお父様のみ(相手は片親です。)

両親は肩を落とすも、相手のご家族に「娘をよろしく」というのが第一命題なので。

話は終始楽しく、礼儀正しく、しっかりと頼りがいのある好青年の旦那様に両親ともにホッとしたようです。

旦那様のお父様もカラオケが趣味という、面白い優しいお父様とのことでした。

お母さんも妹のことについて余計なことは言わないように細心の注意を払い、和やかに宴席が終わりました。(と思っていました。)

 

4.マスコミ並みの「はさみテクニック」

顔合わせも無事に終わり、家でくつろいでいたところへ、父の電話が鳴り響きます。

妹からです。

開口一番!

「よくも、〇〇さんに私のことを『薄情な奴』と悪口を言いやがったな!」

「二度と会わないで!!!!(怒)」

両親ともに「???」何のことやらサッパリです!

 

実は、9月に生まれる孫が楽しみだね~というやり取りの中で、

妹が生まれて1歳ぐらいのときに、母が肺炎にかかって2週間入院したときの話をしたそうです。

母は、「2週間ぶり娘と再会したら忘れられていて、抱っこしたら泣き叫ぶのよ~?! 悲しかった~(笑)。2週間で顔を忘れるぐらい赤ちゃんは薄情なのよ~(笑)」

ということを笑い話としてしたようです。

旦那さんは仕事で最低でも半月は家にいないようで、そのことから昔話を持ち出して笑いをとっただけなのですが、この『薄情』という単語が引っ掛かったようですね!

マスコミもびっくりの『必殺☆チョキチョキ揚げ足とり』ですわ!

よくもまぁ、そんな単語だけに反応できるわ!

母も父も涙も出ないほど落胆して私に知らせてくれました。

あんなに和やかだったのに、「カラオケ行こーね!」と言っていたのに、なんでこうなるの??どうやって伝えたら、あんなにキレるの?

まさか旦那さんもそのお父さんも『薄情』って言葉が引っ掛かったの??

母の落胆ぶりは激しく、あんなに悲しそうな声は生まれて初めて聞きました。

 

5.入籍と妊婦生活

形式的ですが顔合わせも済んだので2016年の3月に入籍します。

ここから半年の妊婦生活。準備や入院の段取も一人でやらないといけません。

両親は、誰にも頼らず何かをやり遂げるということはこれが初めてなんじゃないか?

と言っています。そうした責任の一端は両親にあるのですが、まぁ、置いておこう。

妹の家の近くには、父の弟さん夫婦もいるし、従兄弟のお兄さん夫婦もいるので、ひとまず安心です。従兄弟のお兄ちゃんにいたっては4月にお子さんが生まれるので、子供は同級生になるわけで、なにかと安心できる環境です。

 

 

6.仲直り大作戦!

妹の近くには、父の弟夫婦とその息子で私の従兄弟のお兄さん夫婦がいます。

その2件にはよく遊びに行って、私と母の悪口を散々ぶちまけて帰るようです(笑)

でも、旦那さんの方のお義母さんはいないし、初めての出産は色々と不安だろうからと

叔父さん夫婦は何とか妹と母を仲直りさせようとしてくれました。

無駄でしたが。。。

1回、父と叔母さんが計画して、母と妹を鉢合わせて、とにかく妹に吐き出させて、仲直りをさせようという作戦に出ました。

関係者全員が、妹の考え方、言葉の受け取り方が捻じ曲がっていて、勘違いや思い込み多いから、吐き出させた方がイイと考えたようです。

喧嘩の発端は、『私が「男を紹介して、食わせてあげる」というような馬鹿にしたこと』だった気がしますが、いつしか、『小さいころから姉と母に嫌われ、イジメられ、虐待のような状態だった』という話になっている始末です。

 

7.作戦実行!結果は・・・?

妹がたいそう取り乱し、過呼吸?呼吸困難の状態になるほどに取り乱して、半狂乱になって泣き叫んでしまったようです。

結果:父とも連絡を取らなくなった。

   叔母さんは「敵」だとみなされ、着信拒否リスト入り

惨敗です(笑)

私には事後報告だったのですが、主人はこの話を聞いて、そんなのやる前からわかっていたでしょと失笑しておりました(笑)

 

8.妹の新たな主張

大まかには変わっていないのですが、

どうやら、2014年当時、私にLINEしたときには、すでに今の旦那さんと付き合っていて、結婚しようと思っていたが、姉に男を紹介すると言われてムカついた。

母からの怒りの電話の最中に何度も旦那さんを紹介しようと話を切り出そうとしたが、

『いいから黙りなさい』と聞いてもらえなくてムカついた。

と変化が見られました!

1億歩譲ってそうだったとして、私に送ってきたLINEの内容が内容だけに、『あなたの主張は聞きたくない』と言われても仕方ないかな。

でも、それは嘘だな~。

だって、あのとき電話で連日話していたけど、男性恐怖症だから結婚はしたくないって言っていたし、2015年の夏には婚活パーティーに行く途中に交通事故起こして保険屋さんのおじさんが父に連絡を入れているし・・・

今の旦那さんと2014年から付き合っていたなら話が合わない・・・

仮に付き合っていて隠していたとしても、2014年当時に結婚は考えていなかったはずだ。

 

9.出産

作戦失敗から、従兄弟のお兄さんの奥様以外は敵とみなしたため、情報が入ってこなくなりました。腫瘍の話も気が気じゃないのですが、どうすることもできません。

でも、出産から1週間ぐらいたってから、祖母に連絡があり、女の子を出産したという報告、名前の報告をしたようです。無事に出産を終えたようで、腫瘍はどうしたのかはわかりませんが、今も元気だそうです。

妹も母という立場になれば、母への怒りも少し収まるかな~淡い期待です。

父は「結構歩み寄ってきているよ。柔らかくなってきているよ」と言いますが、はっきり言って全くです!(笑)

3歳差で来年2人目を作るようですが、女の子だと姉への怒りも収まるかな~淡い期待(笑)

 

 

10.その他追加情報

妹の家からすぐのところに旦那さんのお父様が住んでいらっしゃるのですが、孫に会えるのは1日5分程度という制限があるようです!なぜ?

 

父に『あの人(母のこと)には絶対に娘は抱かせない』と言ったようです。

 

11.to be continued

次回は、祖母の米寿のお祝いで、親族一同が揃うというビッグイベントで

9年ぶりの妹との再会を果たしたこと。結婚式の招待状をもらったことを書きます。

次回は主人も登場します!

お楽しみに~♪