塾講師、かく語りき

塾講師、かく語りき

合同会社ディープグラウンド(DG)が運営する、京王線千歳烏山駅にある中学受験塾、烏山進学教室。講師が語る、学問に関係あることないこと。

田川富美子とはこんな人だ

奥地からみた田川

女手一つで1男3女(うち1名大人)を育てる肝っ玉母ちゃん。家事に育児に仕事に、24時間はたらき続けてもなおパワフルでありつづける逞しさはどうしたら身につくのか不思議で仕方がありません。
ボードゲームでは平凡でパッとしない手を打つにも関わらず気づけば圧勝するが多いのは、他2人(さくらいすえひろ)が技巧的な手を狙う割に当たらないことが多いからでしょう。人生も同じ。周りは勝手に自爆していく、王道を生きるのが一番だと再認識させてくれる方です。

f:id:dg-daiyo:20211025083340j:plain

櫻井からみた田川

愛ある人。生徒・保護者・家族の全方向に気を配ることができる、三面六臂の大活躍。

生徒からの信頼が厚く、頼れるお姉さん(?)的な存在となっている。

平日の時間のほとんどを他者(主に三姉妹)に捧げている上、DGの仕事においても彼女にしかできない仕事がかなり多く、どこにいても常に忙しそうである。正に常在戦場。

起きている時間のうち、ワンピースを観ている時間以外はいつも辛そうにしている。

これを愛と呼ばずしてなんと呼ぼうか。

また、空手の有段者で、DG随一の武力の持ち主。健全な肉体に健全な精神が宿った好例である。

果たしてその精神は娘たちに引き継がれているのか、将来が楽しみである。

ゲームでは、視野の広さを生かし、他の誰もが気づかないような手を用いる。序盤は目立たないように動き、終盤に大逆転を巻き起こした例は数知れず。酒場を12個並べての勝利は未だに忘れない。

f:id:dg-daiyo:20211025083543j:plain

末廣からみた田川

火の国の女の遺伝子を色濃く受け継ぐ女史。娘たち、生徒、お母さま等、DGを取り巻く女子たちを一手に束ね邁進する姿は正しく「コンピューター付きだがお構いなしに動くブルドーザー」。「DGのアマゾネス」。

面談5時間、出産当日のオンライン添削、合格者祝賀会での父親へのお説教など、DGでの強烈なエピソードには事欠かない。仕事、家庭、子育てに全力投球。「ライフワークバランスなんて全部やれば関係なくね?」といった、昭和の精神を持ちながら令和の時代を生きる姿は、まさしく現代を生きる母親像のニューノーマル。お母さま方からの熱烈な支持を受ける。

f:id:dg-daiyo:20211025083640j:plain

 

末廣泰翔とはこんな人だ

奥地から見た末廣

世田谷の論破王。しかし彼の一番強みは議論でも詭弁でもなく意思の強さだと私は考えております。某漫画の言葉を借りて、強さを「自らの意思を望む通りに実現する力」と定義するならば彼の強さは東京一と言って良いでしょう。
意思が強く芯があるのはとてもいいことなのですが、そこはせめて仕事の分野だけにしてもらって、私が青椒肉絲(彼の苦手なピーマンが入っている)を注文しようとするのを邪魔しないでください。

f:id:dg-daiyo:20211024112309j:plain



櫻井から見た末廣

力ある人。日々進化し続けるDGの動力源であり、正に百万馬力。

DGが進化するときは、だいたい彼が何かを動かしている。

そんな彼の動力源はお酒。血液型はA(アルコール)型と思われる。飲んでは動き、動いては飲んでの永久機関が形成されている。

出来ることと出来ないことがキッチリ分かれている、デジタルな人。(例:社会⇔理科、仕事⇔家事)。

近年はボドゲマイスターやデザイナーなど、出来ることが着々と増えている。自分自身の進化も忘れない。

一方、自力で生きていく力に関しては最も少ないと思われる。外部の人に積極的に働きかけ、仲良くなるのが得意なのは、一人っきりにならないための生存戦略なのかもしれない。

ゲームの手は一方向に突っ走る印象で、それが大勝につながるときもあれば、逆に大敗につながることもある。勝因/敗因がハッキリしているため、感想戦も明確。

私とは異なる思考でプレイしているはずなのに、なぜか手がかぶることが多い。不思議。

f:id:dg-daiyo:20211024111352j:plain

田川からみた末廣

仕事でも家庭でも良きパートナーです。付き合い始めて17年になる・・・。
彼に出会って、「成績がいい」と「頭がいい」のいは違うと体感させられた。
とにかく論理的に物事をとらえ、通常の人とは切り口、視点が違う。
話術も高く、今は全開ではないが、覇王色の覇気を潜在的に感じさせるオーラがある。
本人は自分のことを『陽気なおっちゃん』と思っているが、隠そうとしても隠し切れない気難しさや、切れ者感がある。家ではずっとしゃべっている。24時間365日一緒にいるが、話していて面白いし、目からウロコなアイディアや発想が常にある。
人口比少なめの「0から1を作れる人」であることは間違いないだろう。
常に新しいことを探し求め、実戦する推進力には毎度毎度感心している。
周りを巻き込みながら、開拓していく姿、夢を語る姿は会社の操舵主 兼 航海士としては最高の人材である。でも、通常の人と良くも悪くもずれているので、凡人の感情や思考を理解してくれず、イラっとすることもしばしば。
夫婦喧嘩では17年連敗続きである。
死ぬまでの隠れ目標 → 「私がいなかったら・・・と心から感謝してもらうこと」

昔、母に「なんで父と結婚したのか」と聞いたら、
「この人とだったら『何も無くなっても何とかなるかも』と思えたから」と聞き、
「好きだから」じゃないということに子供の頃はショックを受けたのだが、
今なら「好きの次元じゃない」と思える。
私も彼には同じなのだと思う。理屈じゃなくて遺伝子レベルで尊敬している人物だ。

f:id:dg-daiyo:20211024112152j:plain

櫻井文暁とはこんな人だ

奥地からみた櫻井

大学の同期。縁もゆかりもない学科、お互い引きこもり体質の陰キャでありながらここまで一緒にいられたのは一重に彼の懐の広さと運と私の剛運によるものであります。
中国の三国時代、「曹操には張遼がいるが、私には甘寧がいる」は呉の皇帝孫権の言ですが、「私(奥地)にはサクライがいる」と言える人物であります。ただ、自己主張が控えめで滅私な高潔漢なので、未だに私は彼が櫻井なのか桜井なのか分かりません。f:id:dg-daiyo:20211023100628j:plain

末廣からみた櫻井

日本海に面した秋田県に育ちながら、一切の魚を口にせず、日本酒も嗜まないという稀有な存在。辛い物も魚と同様、一切口にしないが、その分、糖分には目がなく、今日も「頭の栄養」と称し、膨大な量を摂取しながら生徒と対峙する。算数の途中過程など理系的な面には一切の妥協を許さないが、お化けが怖いなど非科学的な面では弱みを発揮するギャップも彼の魅力の一つ。ボードゲームでは、私(末廣)と手が被ることが多く、彼の隣には座りたくない(笑)子供好きで丁寧な対応に定評がありながら、奥地の小ボケをスルーし続けるというドライな側面も。DGで唯一スーツで仕事をする男。そのスーツの下には何が隠されているのだろうか。

f:id:dg-daiyo:20211023100828j:plain

田川からみた櫻井

頭脳明晰で「ほどほど」という言葉を知らない研究肌の人間。
日常のあらゆる場面で論理的に考えて行動をする様子は、自分の頭の出来とは違うものを感じる。
4人の中で一番の子供好きであるが、初対面ではあまり笑わないため誤解されることが多い。
彼の表には出ない優しさに気が付いたときは、卒業間近という生徒も少なくない。
気難しく、融通が利かない部分はあるが、そこには生徒への愛が存在するのだ!
あまり感情の起伏がなく、表に彼の感情が表れることはあまりないのだが、
彼は決して最後まで生徒を諦めず、生徒の合格を諦めない熱血漢である。そして、私は思う。絶対に塾で随一の「変わっている人」だ。仕事をするときのBGMはマイナーな「びじゅチューン」。
カラオケではちょい古いアニソンというアニソンを熱唱。
「え~!!」と言いながらもマイクを受け取り熱唱する彼のマイクの持ち方は、
朝7時から30分10円の一人カラオケに通い詰めるだけのことはある!
彼はまだまだ謎多き人物。
今後の彼との人生が楽しみです!

f:id:dg-daiyo:20211023101150j:plain

 

奥地大容とはこんな人だ

櫻井からみた奥地

夢ある人。心の中に10や20の理想(もしくは野望)を抱えているように思われる。

健康のために神経をすり減らし、お金のために散財する。色々なものに手を出し、良いと思ったものは積極的に取り入れていく柔軟な姿勢を持つ。一方「これは理想ではない」と判断した際の切り替えは早く、結果打ち捨てられた品物は数知れず。

授業は正にエンターテイナー。どんな授業でも面白くできる才を持つ。

授業の完成形のひとつではあるのだが、真似しようにも他者には到底真似できない。

平凡を避ける傾向にあり、ありふれた道を通らない。(実際の道路でも、経営の方針でも。)

ゴールへの道が一本道だと「つまらない」と判断し、より楽しさのある道を選択しているものと思われる。

ただしゲームの手は堅く、王道。普段の思考の方向性を捨て、勝利を取りに行く。

「勝つことが好き」とよく言っている。勝つのが好きなので、協力型ゲームはプレイしない。

f:id:dg-daiyo:20211022100156j:plain

末廣からみた奥地

赤いスーツ、黒いハット、サングラス。その風貌からは想像できない生来のマジメさと繊細さ。人は、自分にないものへ憧憬を頂くということを再確認させられる。
共感性が高く、DG随一の“バランス感覚”を誇るも、長いものにはグルグル巻きが信条のため、それが発揮される機会は多くない(笑)健康とスピリチャルな世界をこよなく愛するなど、全方向への興味のアンテナには感服するばかり。ボードゲームでは、奇をてらうことなく正攻法一択。こうしたところでも、彼本来のマジメさが垣間見える。「できるっしょ」の一言でありとあらゆる業務を引き受け、「いんじゃないすか」の一言ですべてを受け入れてくれる名前の通り大容量の奇傑。

f:id:dg-daiyo:20211022100303j:plain

田川からみた奥地

黒いハットにサングラスと、チョイ悪に憧れるアラフォーの心優しき少年!
スピリチュアルなものをこよなく愛し、「健康」と「自遊」を追求し続ける様子は愛おしささえ感じてしまいます。
興味のアンテナも人一倍あり、何を聞いても一通りかじっている博識な知識と経験値にはいつも感服させられます。
またご自身でも自覚しているようですが、強運?人運が強く、彼の周りは常ににぎやかであり、何かしら新しいことが始まります。
そこにすべての運を注いでいるため、罰ゲームや一人負けの勝負にはめっぽう弱い特異体質です。
彼を「おもしろい人」と表現しているうちはまだまだ彼の真価を分かっていないヒヨッコ。
彼は知れば知るほど味のある「面白い人」であり、まだまだ未知の一面があるのではないかと期待させる不思議な人物です。
一つ、彼の老後は心配です。末廣と同じで、生き抜く力に少々心配な点があります。
私は老後は絶対に隣に住んでもらって、老後楽しく一緒に生活したいなと思っています。

f:id:dg-daiyo:20211022100748j:plain

 

DG教員によるDG教員の他己紹介

f:id:dg-daiyo:20211021112210p:plain

HPもいよいよ公開

このブログでも、再三お伝えしてきたDGの新HP。

「再三」というほど書いていないじゃんという誹りは受け付けておりません!

 

いよいよ公開となりました!!!!!

 

そのHPはこちら

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

deepground.jp

 

「すげぇー!」

「カッケェー!!」

「何屋かわかんねぇー!!!」

 

色んな感想はあれど、兎にも角にもDGっぽいものができましたとさ。

見た目にとらわれがちなこのHPですが、テキストの内容は私末廣が夜な夜な制作した骨太なもの(になっているはず)です。

読んでくださった皆様は、きっとDGの虜となることでしょう。

 

読むのが面倒だという皆様、お電話いただければ田川が代わりに説明させていただきます(笑)

お気軽にお電話ください!

 

さてさて、このイケてるHP、

 

実は…

 

まだ未完成なのである!

 

理由は…

まぁいいじゃないですか、そんな野暮なこと(笑)

ということで、我々DGと制作会社nanofun様のHPに込められた思いは、

また完成した後に書くことといたしましょう。

皆様、ご期待くださいませ。

 

他己紹介

さて、まだ完成していないページの一つに

「講師紹介」

がある。

 

後回しになった理由?

 

表で書けないことが多すぎる?

誰かが異常に書くのが遅い?

載せたい情報が多すぎて凝りすぎ?

 

だから、まぁいいじゃないですか、そんな野暮なことは(2回目)

 

それよりも何よりも、そういえばプロフィールなるものをほとんど書いてこなかったことにここで気が付くわけです。

 

そこで、

 

良い機会なので自分以外の3人のことを書いてみよう!

 

ということになりました。

これこそが、他己紹介というやつです。

出来上がってみると、これはこれで面白いわけです。

まぁ、かれこれ10年以上も時を共にしてきているわけで。

今では、まさしく“阿吽の呼吸”で進むことも多いわけですが、

改めて言葉にしてみると面白いもんです。

 

がしかし、、、

スペースやデザインの関係で一人分しか掲載できないことに…

 

これはもったいない!!

 

明日からしばらく毎日投稿♪

そういうわけで、明日からしばらく(と言ってもとりあえず4日ですが)

毎日、他己紹介を掲載していきます。

初回はもちろん、我らが愛すべき、世界の奥地から(自称です)。

f:id:dg-daiyo:20211021112326j:plain

どんな内容になるのかは、、、

ご期待ください。

 

完成しましたので、

各教員の他己紹介はこちらからどうぞ。

 

奥地大容とはこんな人だ - 塾講師、かく語りき

 

櫻井文暁とはこんな人だ - 塾講師、かく語りき

 

末廣泰翔とはこんな人だ - 塾講師、かく語りき

 

田川富美子とはこんな人だ - 塾講師、かく語りき

 

中学受験塾DGがHPをリニューアルしている話ver2

f:id:dg-daiyo:20210704111003p:plain

人生でマジメと言われたことは1回

先日、HPをリニューアルしている記事を書いた。

詳細はこちらから。

keio-juku-gakudo.hatenablog.jp

 

さて、現在その作業も佳境に差し掛かっている。

いや、文字にすると「佳境」という2文字になってしまうのだが、

ここに至るまでにはそれなりに大変な道のりが…。

 

とにもかくにも、

その要因は、

 

私の“凝り性”

 

自分では大雑把な性格だと自認して生きてきた人生だったのだが、

大人になってから、どうもそうではないらしい一面が顔を覗かせるようになってきた。

何かを作る段階になると、

途端に細かいところまでイチイチ気になり始める(笑)

図工の作品なんて友達に作らせていたクセに

 

特に、「言葉」選びに関しては、かなりめんどくさいヤツで。

この辺は、一応、国語の講師っぽい側面もちゃんとあるということで、ご容赦いただきたい。

 

そんな中、在塾生や卒塾生にもご協力をいただいて、我がDGのキャッチコピーを募集した。

自分だけで考えていると、きっと「あんな感じ」や「こんな感じ」になってしまうだろうという未来は見えているからだ。

これぞ成長!

 

では、上がってきたキャッチコピーを見てみよう

まずは、こんな感じ。

 

・伸びるチカラ、広がる可能性

・受験の先が見える女子

・生徒に寄り添い、生徒自身の誰もが主役

 

ありがとうございます!

でも、こんなにキレイな感じで大丈夫ですかね?

なんかアクが足りない(笑)

 

・ぶっ飛んでる?違う、これが令和のスタンダード

・当り前じゃないを武器にする

・塾らしくない塾らしさ

 

おっ!DGらしくなってきましたね!!

それで、それで、、、

 

・見た目以上にマ・ト・モ

・びっくりしないで、烏山進学教室

・見た目だけではわからない意外とマジメなチャラい塾

 

 

とうとう保護者の皆様もふざけ始めましたね(笑)

いいんです。我々はそんな保護者様が大好きでございます!

 

番外編

・偏差値が上がる必殺技を伝授

→すみません、大変残念ですが必殺技は持ち合わせておりません。

 勉強に関しては、これでもかというくらい実直に取り組んでいただく環境に関しては準備がございます。

 

嫌いだった勉強… 意味も解らなかった問題… 宿題はいつも親子喧嘩に… 教え方と環境で学ぶことが楽しく自主的になる!! 目標の中学へ絶対に行こう!

→もはやキャッチコピーじゃなくて感想じゃん(笑)

 

・受験で学ぶ

→単純に好き!

 

 

ということで、

この度、大変たくさんの中から選ばれたキャッチコピーは…

 

全方向に大マジメ!

 

に決まりました。

はい、私が考えたキャッチコピーでございます(笑)

 

 

神は細部に宿る

そして、無事にキャッチコピーも決定し、

トップページの構想も固まってきた。

 

あとはいよいよ各ページの詳細を詰める段階に来た。

 

といっても、これはこれで大変。

何たって、今まで、ワイヤーフレームなんて使ったことのない私が、

送られてくるものを見て、確認し、返信しなくてはいけないのだから。

いや、作業自体はなんてことはないのだけれど、

スマホサイトに模された活字だけのものを見て、

サイト全体をイメージし構成を考える作業は、

私にとっては、殊の外難易度は低くない。

なるほど、立体図形が苦手な生徒は恐らくこういう心境なのだろう(笑)

 

そして、これまでのやり取り中で、

「OKでーす」

と一発でやり取りが終わったページ数、

 

ここまで0ページ。

 

いや、ホントすみません!

優秀なスタッフの皆さん、心から感謝申し上げます!!

 

 

そんなこんなしながらも、

むしろ凝り性末廣は今までよりも出現回数が増えたかのような印象もありながら、

毎日、膨大な!?slackでのやり取りをしていたところ、、、

ついに、トップページのイメージと我々のイラストが出来上がってきたのだ!

 

我々のイメージはこちら!

 

f:id:dg-daiyo:20210704105937j:plain

 

カッコいい!!

すげぇ!!!

語彙力ねぇ(笑)

 

しかも、このイラスト、

 

なんと

 

「全方向」

 

を向いているのである!

 

もちろん、

全方向に大マジメ

というキャッチコピーを受けてのもの。

 

こういう細かいところに拘ることができるデザイナーさんに会えてよかった!!

そして、私の凝り性に付き合ってくれるディレクターさんに会えてよかった!!

 

末廣は武器を手に入れた

さて、そんな私ですが、この度、

Adobe CCに加入いたしました!!

奥地からの静止を振り切り、

(いや、彼は私のことを思って止めてくれているのです(笑))

凝り性により磨きをかける所存である。

皆様、末廣の今後にもどうぞご期待ください!

そして、今後一緒にお仕事をするまだ見ぬ皆様、是非ぜひ寛大なお気持ちで見守っていただければと思います!!

中学受験講師がボードゲームから学ぶ性格を活かした勉強法

f:id:dg-daiyo:20210624121459p:plain

ブロガーっぽいタイトルを書けるようになってきた

とりあえず、先週はみんなブログを書き終えたようだ。

あれ?樂志館ブログの方が一人書き終えていないような??

本人に聞いてください(笑)

ブログの記事についている「カテゴリ」で各教員の名前をクリックしてみると、今までに書いた記事が出てくる。

試しに、誰かひとりをクリックしてみてほしい。

まぁ

文は人なり

とはよく言ったものだ。

それぞれの性格が端的に表現されている

 

私のブログを見てみると、、、

 

まずは

更新数No.1(DG調べ)

ここからも、

我がDGの中で誰が最もマメで、マジメで勤勉か

が手に取るようにわかるだろう。

 

次に、

初期のタイトル凝りすぎ(笑)

 

 

「初めてじゃないお遣い」

keio-juku-gakudo.hatenablog.jp

 

「自由人というフォーマット」

keio-juku-gakudo.hatenablog.jp

まぁ自分のことなんでよくわかる。こういう表現が好きなのだ。人には刺さらないけど(笑)

 

今回のHPでも、

「マジメを貫いたら不真面目に見えました」

「普通じゃないを普通にやる」

 

とか、そういうのが好きなんですよね。

(これ、良くないですか→懲りないヤツ)

 

そして、言葉選びになると根っからの凝り性がこれでもかと顔を出し始める。

もうこれは、仕方ない。

何かの本で読んだ、35を過ぎるとより個人の特性が顕著になる。これは、本当にその通りだなと最近実感している次第。

ということは、私はこれからより一層…(笑) 

 

最後に、

 

文章硬い!

 

硬軟織り交ぜたウィットに富んだ文章って本当に憧れる。

先週の奥地の文章なんて傑作だなと思う。

まぁこれはこれで文は人なり。どうせ変えるつもりもないし(笑)

その意味では、硬いより固いなのか?

 

そんな中でも、

 

題名のつけ方の変化

 

はなかなか顕著である。

 

 

最近は、「中学受験講師が~」シリーズが定着しつつある。

というのも、やっと

 

「あなたが思うほど読む人は題名に惹かれませんから」

 

ということに気が付いたのだ!

めでたしめでたし(笑)

 

いや、題名は大事なのだが、私が以前つけていたように、凝った題名をつけても仕方がないということだ。

 

面白いより面白そうが大切!

 

そういうわけで、今回も

「中学受験講師がボードゲームから学ぶ性格を活かした勉強法」

という何ともキャッチーな題名が出来上がったのである。

ねっ?読みたくなったでしょ??

胡散臭いという批判は受け付けておりません(笑)

 

HARADAじゃなくてHADARA

言い間違いとは不思議なもので、なんだかしっくり来てしまい何度も繰り返してしまうものがある。

今回のゲームもまさにそれ。

 

その名も

 

「HADARA」

f:id:dg-daiyo:20210624114852j:plain

 

ただ、私を含め全体で10回以上は「HARADA」と呼んでいたに違いない。

全国のハラダさん、すみません!

いや、文字で見ても何とも紛らわしい(笑)

 

それはそうと、ゲームの様子はこんな感じ。

f:id:dg-daiyo:20210624114949j:plain

何ともボードゲームらしいビジュアルである。

インスタ映え!!(もう死語?)

 

さてさて、別にボードゲーム紹介ブログではないので、詳細の説明は省くとして、

要は、色んなパラーメータを上げながら勝利点を稼ぎましょうというゲームである(雑)

 

それはいいとして、今回最初に配られたのはこのようなカード。

f:id:dg-daiyo:20210624115058j:plain

プレイヤーによって、「初期値」の能力が異なるのである。

今回は、私が2奥地が3田川が4櫻井が5、を担当した。

パッと見で、一番偏っているのは櫻井の5番

緑色は人員を養うための食糧を意味しており、おそらくは「ガンガン人を雇いなさい」というメッセージにも思える。

4の田川は食料に偏るも、櫻井よりはバランス型。

奥地の3はバランス型とみて間違いなく、

私は青の学業に偏ったタイプだった。

 

この後、私以外の3人は各パラメーターをバランスよく上げていく戦略を選択。

私は、ひたすらに青の学業を上げていくことで、他の能力を補完する戦略を選択。

 

さて、結果は…

 

f:id:dg-daiyo:20210624115342j:plain



奥地の勝ち!!

 

もちろん、運要素も小さくないゲームではあったのだが、

4人が同じくらいの点数に収まった点はなかなかよくできたゲームなんだろうと思った。

いや、我々がうまかったのかな(笑)

 

国語算数理科社会

これ、例えば赤が国語、青が算数、緑が理科、黄色が社会と考えてみるとどうだろう。

いや、軽々に「能力」とか使うのは好みではないのだが、

 

「得意不得意」

 

これでも引っかかるなら

 

「好き嫌い」

 

こうしたものはある程度あっても仕方ない。

それは、本人の努力とは違うところで決まってしまっていることも、一面の真理であると思う。

ただ、だからと言って「やっても意味がない」とかそういう話ではなく、

「自分の特性を考えながら取り組むこと」

が大切だと思うのだ。

 

今回のゲームのように、

各教科の合計点で合格ラインを上回りさせすれば、その学校には合格できる。

極端に偏った、

例えば、小学生男子が考えそうな「算数で100点取るから…」みたいな戦略が現実的ではないにしても、

得意科目で苦手科目を補えるなんてことは往々にしてあり得る!

各教科でどのように得点していくか、得点していきたいか、は受験生であればそろそろ意識をしていきたいところ。

 

まぁ要するに、「全体の合計点」がモノを言うということだ。

 

そして、これは何も科目においてだけではない。

 

処理速度が速い

思考力が高い

集中力がある

コツコツ取り組むことができる

 

こうした部分も恐らく、「初期値」みたいなものはある。

いや、恐らくというか絶対ある(笑)

 

もちろん、これらすべてが均等に高いレベルであればいうことはない。

しかし、それはそれで現実はなかなか難しい。

 

では、どうすればよいのか。

 

まずは、とにもかくにも、

 

自分の特性を考えてみること。

 

 

現実世界では、先ほどのゲームのように初期値のカードは配られない。

ということは、自分で自分の特性を認識する以外に方法はない。

 

手際よくこなせるのか、要領はよくないのか。

難しい問題が好きなのか、簡単な問題を解くことで自分の自信を高めていった方がいいのか。

 

こうした自分の特性を考えながら、勉強を進めていくことはとても大切だ。

勉強に限らず、生活もそうだろう。

 

だって、無理なものは無理だし、得意なものは得意なのだから。

苦手を克服するように動くのか、得意なことで補完するのか、

これだって立派な選択と言える。

そして、確信的に言えるのは、これに早く気が付くと、きっと有意義な時間は増えていくだろう。

認識せずに反対の道に行ったらどうなるか?

結構、大変だと思いますよ(自分の半生を振り返った反省を込めて(笑))

 

ただ、決して無理だからと言って放棄すれば済むものでもない

 

無理だからと言って、放棄できないモノは世の中にたくさんあるし、

やりたくなくてもしなければいけないことだってある。

 

だから、そういう

自分の性質上、無理なものは、他の人の助けをかりながら、仕組みで解決するようにしてほしい。

例えば、朝勉強したくてもできない人は、我がDGの早朝オンラインを活用してみよう(笑)

 

忘れ物と大人の知恵

かくいう私の特性としては、、、

とにかく「忘れ物が多い」ということ。

二ついつもと違う持ち物があったとしよう。

すると、一つ無事に持って行けたとすると、もう一つはほぼ確実に忘れる。

いや、イレギュラーなものだけではなく、鍵とかスマホとか…(笑)

ただ、私も3回目の年男ということで、多少の知恵もあるわけです。

私の場合には、「自分ルール」が大好きなので、

とにかくルール化していく!

鍵もスマホも、、、

とにかく失くす可能性のあるものは、すべて置き場所を決めた!

 

〇〇置き場、

いや〇〇専用置場

 

みたいなの、大好きなんですよね(笑)

いつか、私専用の秘書が欲しいなぁ。

自分ルールを決めなくても済むように。