塾講師、かく語りき

塾講師、かく語りき

合同会社ディープグラウンド(DG)が運営する、京王線千歳烏山駅にある中学受験塾、烏山進学教室。講師が語る、学問に関係あることないこと。

BBQの裏側~その③【とあるアクティビティの反省】~

皆さんBBQお疲れ様でした!

おいしいお肉をたくさん食べて、お酒も飲んだので、今週は運動ウィークとなっている桜井です。

 

さて、BBQのあと恒例のものと言えば、BBQ振り返り記事

去年の今頃は、私が1人で暗号の解説を行っておりました(笑)

2日に1記事のペースで解説をしていたあの時期は、準備期間に勝るとも劣らない忙しさでしたね・・・。

去年は今回と違って暗号解読ゲームでした。問題も掲載していますので、お時間がありましたらのぞいてみてください。

 

で、今年はそのあたりを末廣が担当してくれると思いますので、私は安心して自身プロデュースのアクティビティ『ハコサクライ』について反省などを書いていこうと思います。

 

ハコサクライ

f:id:dg-daiyo:20180621231056j:plain

『ハコサクライ』は、班全体が2チームに分かれて薄暗い館の中を探索し、隠された「ダイス」(サイコロ)を見つけ出すゲームです。

館内の各部屋には「物陰」があり、そこには「アイテム」「設置物」があります。

対応する「アイテム」を持って「設置物」に行けば、「ダイス」が手に入ります。

f:id:dg-daiyo:20180621231537j:plain

f:id:dg-daiyo:20180621232814j:plain f:id:dg-daiyo:20180621232823j:plain

 ↑ 対応するアイテム設置物の例

ただし、館内の「物陰」のうち、どれか1つには館の主「サクライ」が隠れていて、それを調べてしまったチームは気絶して脱落してしまいます。「サクライ」をのぞいたらアウトです。

そして「サクライ」は館内を移動し、時々特殊な力を使います。

のぞいてはいけない物陰の位置が変わるので、ヒント(物音)を頼りにして探索し、ダイスを集めてください。

f:id:dg-daiyo:20180621232509j:plain

 

この『ハコサクライ』には、元ネタになったゲームがあります。

怖いですけどとても面白いですよ!

 ハコオンナ ※ホラー系注意

もとのゲームはプレイ時間が90分くらいと長いため、それを25分でできるようにスケールダウンしてみたのがこのゲームです。

 

良かったところ

手前みそになりますが、絶対面白いと思います!

まぁ、もとのゲームが面白いからですけどね(笑)

 

物陰をのぞく時には、物陰に見立てたカードを実際にめくってもらっていたのですが、それがゲームに緊張を生む要因になっていたと思います。

ハラハラしながらカードをめくる参加者の反応を傍で楽しませていただきました(笑)

 

緊張感という観点では、「倒してはいけないロウソク(に見立てたペン)」もアクセントになっていたかと思います。

気を付けていれば絶対に倒れないのですが、「倒してはいけないものが目の前にある」ということを常に頭の片隅に置いておかなくてはいけないので、いい感じに思考の妨げになるんですよね。

ちなみに、ペンが倒れた回数は、全体を通して3回でした。

 

さて、一部の参加者の方は気が付いていたと思いますが、このゲームは、ゲームの理を間違えさえしなければ、そこそこダイスを獲得できるゲームです。

 

このゲームの理は、

 ・「サクライ」の位置をできるだけ予測する。

 ・少しでも危険な物陰は絶対にのぞかない。

の2つになります。

 

BBQ会場でそのことに気が付いた保護者の方とお話ししましたが、あの短時間でほぼ正確にゲームの勝ち筋を理解しておられて、感服いたしました。

 ・1チームが耳をすませていれば、もう1チームが安全に物陰をのぞける。

 ・情報を交換することで、無駄なのぞき込みを減らせる。

 ・サクライが近寄ってきたとき、2手に分かれればサクライはどちらかしか追えない。

ここまで完璧にプレイされていれば、私の方は手も足も出なかったでしょう。

小中学生たち、これが大人の力だ!(笑)

 

今回はゲームでしたが、どんな世界でも「ルールを一早く理解する」ことは絶対に強みになりますよね。

初めてのゲームで、ルールを自分なりに解釈しながら遊ぶことは、理解力を高める良い訓練になると思います。

 

もっとも、理に気づいたプレイヤーがいたときのために「サクライ」は特殊な力を持っていたのですけどね。

別の理由で力を使う機会はほとんどありませんでしたが・・・

 

悪かったところ

さて、ここまでいいところばかりを挙げてきましたが・・・。

このハコサクライ、当日ゲームをした班の獲得ダイス数の平均が、1を切りました・・・。

アクティビティとしては失敗でした。その原因を振り返ります。

 

まず最初に、圧倒的に時間が足りませんでした。

これについては私の調整不足に起因するものですので、大変申し訳なく思います。BBQ会場でも「もっと長時間プレイしたかった」というご意見もいただきました。

後日、5年生男子に再プレイしてもらったところ、決着がつくまで1時間ほどかかりましたので、時間が30分以上足りなかったことになりますね。本当にごめんなさい。

もし次があれば、もうちょっとボリュームを落として再挑戦したいです。

 

次にあげられるのは、事前の説明

教室に入ってからルール説明→ゲーム開始

という流れでしたので、その場で1度説明されただけのルールでゲームを行うのは確かに大変だと思いました。

これについては、説明書を先に配っておくとか、冊子にのせてもらうとかすれば、多少は緩和されたかなと。当日の説明映像をもう少し短くすることもできたでしょう。

ルールはできるだけシンプルなものにしようと考え、訪問者のアクションを3種類に設定しましたが、それ以上にサクライの力が難解でしたでもこれが無いとゲームが締まらないので何とも・・・。

 

2チームに分かれるところも、チームのパワーバランスについて呼び掛けた方が良かったですね。そうすれば、早々にサクライをのぞいてアウトになるチームがきっと減りますよね。

当日は、凄い早さで散っていったチームが2つくらいありました。

 

あとは細かい道具のデザイン。私にデザインの才能がないために、すごくシンプルな盤面とカードでしたが、早めにゲームのルールを固めてそっちに凝ったらもっといい雰囲気でゲームができたかなと思いました。

 

まとめ

まとめると、サクライとの闘いかと思いきや時間との戦いだった、というオチでした。

作製作業を全体的に前にずらして、テストプレイや装飾準備の時間をもっとたくさん取りたかったと反省。

当日も説明の時間を短くできるような手を打ち、プレイ時間を長く取れるように準備すべきでしたね。

 

そしてゲーム自体は悪くなかったので、いつか機会があったらフルタイムでプレイしていただきたいなと思いました。

 

次はまた来年、今度はどんなゲームにしようかと、今から楽しみです。

 

BBQの裏側~その②【番外編(田川は戦力外)】~

こんばんは☆

BBQも無事に終わり、翌日死んだように眠る主人と次女。

長女は頑張って幼稚園に行きましたが、幼稚園で寝ていないか心配です(-_-;)

 

さて、裏側を書けと言われても、ほぼ実働しかしていないため、ゲーム作成の裏のことが書けません。

よって、時間の経過をつらつら書いていこうかな。

 

1.今年はどんなBBQにしようかなと考え出したのは・・・

 

あれは、3月頃かな。

田川:「今年のBBQどうする?」

末廣:「そういえば塾長が考えるって言ってたけど、結局2週間とか前に助けて~とか

    になりそうだからこっちで考えとこうかな」

田川:「ボードゲームにも出会ったし、ボードゲーム要素入れたいな~」

末廣:「デッキ構築系とか、競り系とか拡大再生産型とか何かは入れたいね。」

 

 

2.案の定、主人に下りてきた

 

4月。メビウスゲームの大会が終わってから。

末廣:「塾長!今年のBBQ考えるって言ってたけど、どうします?」

塾長:「私そんなこと言ってたか?あ!なんか言った気がしてきた・・・思い出した!

    お願いしま~す!!」

末廣:「やっぱり?(笑)アイディア出してくれれば、こっちで構成します」

塾長:「何度も言っていますが、クッキング対決して、自分の娘の料理を食べさせまし

    ょう。母への感謝も知るし、母は何をやってあげすぎて、何をしてあげなかっ

    たかを知るいい機会です。」

末廣:「面白いけど、却下!」

 

3.いよいよ本格的に考えなきゃまずい

5月。GW中4人集結!BBQの日程を固めて、出欠をとらなきゃ!

田川:「6月17日の『お邪魔者』の日本大会があるけど、17日にBBQでいい?」

塾長:「いいっすよ」

櫻井:「それより、暗号とかゲームどうします?」

末廣:「今までやったボードゲームでどれが楽しかった?」

田川:「なぜか勝つ『モダンアート』とか競りは好きかな。あとは、私がボードゲームすげぇ~ってなったのは『王への請願』!あれにはほんとに興奮した!」

櫻井:「あれはすごいゲームですよね」

末廣:「じゃあ、競りと、王への請願の感じは入れようか!楽しそうだね。あと、大人

    も子供も協力しないといけないように巨大立体パズルさせたいな。

    重すぎて協力しないとダメとかにしないと、お母さんたち、見てるだけとか

    になるでしょ」

櫻井:「いや~作れます?」

 

f:id:dg-daiyo:20180621003613j:plain   f:id:dg-daiyo:20180621003618j:plain

 

4.BBQ会場予約&肉の手配

5月末。

BBQ会場を抑え、昨年と人数は3人マイナスぐらいだったため、お肉の手配に入る。

昨年頼んだところに頼む予定で、1週間前までだから、2週間ちょい前に予約に動き出す。

昨年と同じ注文、金額でOKでしょと鼻歌交じりに連絡すると・・・・

お店:「お値段が変わっていまして、HPから値段みて、注文してください!」

田川:「え?結構値上がりしてる!去年と同じ注文なら、かなりの予算オーバーになる

    んですけど・・・」

お店:「牛が高いから、豚と鳥でごまかせばいいじゃないですか!」

田川:「検討します(おまけしてよ~泣)」

末廣:「それは値段交渉しましょう!!」

 

この後、お手伝いしてくれた生徒のお母様に相談!

店を変えようと言われる。

そのとき、我が家のこよなく愛するお店「あおば館」をふと思い出し、調べたら、なんと聖蹟桜ヶ丘の会場の隣であることが判明。

電話をすると、2つ返事で快諾!

お店に伺って、

牛12キロ、豚5キロ、鳥4キロ、焼きそば90人分、野菜少々

当日14時に取りに来ることを約束し、一件落着。

f:id:dg-daiyo:20180621003922j:plain

聖蹟桜ヶ丘の駅ビルにあるデジキュー!

ここは、時間が3時間だし、子どもの遊ぶスペースも充実していてGOOD☆

f:id:dg-daiyo:20180621003928j:plain

ここは、いいお肉がリーズナブルなお値段で買える!

金額の絶対値は決して安くないが、コスパ最高☆

まるでどこかの塾みたい~(笑)

 

5.買い物

2週間前。大筋が決まったため、買い物し始めます。

会場の準備とか巨大ブロックは授業が終わったあとの1週間だから、前の週に買いそろえなければ・・・。

3.6m×3.6mのシートやサイコロ、段ボール、金貨・銀貨などの発注をする。

f:id:dg-daiyo:20180621084104j:plain f:id:dg-daiyo:20180621084055j:plain f:id:dg-daiyo:20180621084059j:plain f:id:dg-daiyo:20180621084052j:plain

f:id:dg-daiyo:20180621093404j:plain

 

6.暗号配布

前の週の日曜日。

各家庭に暗号配布。

暗号場所に集合の上ゲーム開始となるからだ。

事前に末廣が考えて、私で実験している。

じ~~~っと眺めること数分。

どの文言を使うかは分かった。それから10分で解決。

この難易度でちょうどいいねと太鼓判を押した。

櫻井からも「どうしたんですか?ちょうどいいですね!」というお墨付きをもらった☆

結果、ヒントを求める問い合わせが数件あったが、ヒントだけで解答を教えることなく、全ご家庭がクリアした!

f:id:dg-daiyo:20180621085454j:plain

 

7.いよいよ工作等メインの準備

1週間前。

シートへのお絵かき、教室の片づけ。

シートへのお絵かきは、一人8枚分。お代も決まりました。

f:id:dg-daiyo:20180621091237j:plain  f:id:dg-daiyo:20180621093450j:plain

合間に末廣がゲームブックの作成。24ページの超大作!

f:id:dg-daiyo:20180621091405j:plain

本人曰く、ボードゲームしているから、さ~っと書けてしまったとのこと。

こういう時、あぁ~この人、すごいなぁと感心します。。。

櫻井は、ハコオンナからヒントを得て、ハコサクライを作っていたようです。

f:id:dg-daiyo:20180621092101j:plain

 

木曜日、写真を撮りに行く&大人3人で長縄を飛んでみる。

 f:id:dg-daiyo:20180621093656j:plain  f:id:dg-daiyo:20180621093605j:plain  f:id:dg-daiyo:20180621093600j:plain

f:id:dg-daiyo:20180621093552j:plain f:id:dg-daiyo:20180621093545j:plain

 

長縄は区民センター前広場で試しに飛んでいたら、速攻で警備員に怒られました。

試しに飛んでいてよかった!おかげで、代替え地の場所を探せました。

 

金曜日。

最後に段ボールに色塗り&組み立て。

アクリル絵の具や水性ペンキを買って、塗りました。

f:id:dg-daiyo:20180621094206j:plain f:id:dg-daiyo:20180621094200j:plain

色塗りに関しては、今年も2月に机の色を塗ったので、もう刷毛さばきはお手の物です。

 

8.前日

日曜日に配布するプリント等印刷し、掃除し、準備万端!

来週に続く。

BBQの裏側~その①【ストーリー設計編】~

BBQも無事に終わりました。

今年は雨に悩まされることもなく、アクティビティからBBQまで恙なく終了することができた。今年は、意外にも初めての4人全員の共同作業であったのだが、

アクティビティの設定、難易度などは今までよりも順当に行ったのではと感じている。

さて、BBQの父親席では、「準備」についての話題になった。

先日まで、事務局をされていたというお父様もいらして、運営面も慮っていただいたことは、望外な喜びとなった。

そこで、今回からネタが尽きるまで、「BBQの裏側」ということで、連載していきたい。他の教員の皆様、よろしくお願いしますね!

 

ストーリーは降りてはこない

準備期間であるが、おおよそ3カ月くらい前から始まってくる。

こうした企画ものの「あるある」なのは、アイディアが固まるまでに時間がかかるということ。教室の問題もあるため、実装に着手できるのは1週間前からしか不可能

そうなると、いかにそこまでに大方のストーリーを固めるか、ということになる。

ブレーンストーミングの段階では、当然実現不可能なものも出てくる。

例えば、塾長案。

クッキングスタジオを貸し切って、料理対決。

ただし、子供のみ。保護者は自分の子供の料理を食すのみ。

なんて素敵な父の日のプレゼント。

諸般の事情によって、当然却下(笑)

色々と出てくる中で、私が軸においたのは3つ。

「ダイス」を用いること。

チーム共通のアクティビティを入れること。

「競り」の要素を入れること。

あとは、、、

降りてくるのを待つしかない(笑)

ということで、ことあるごとに他の教員に何がやりたいか聞いて回る日々。

まぁ結局、自分の気にいた企画のみを採用するのだけれど(笑)

 

今回の設計~DGコイン編~

今回の設計は、以下のサマリーに書かれた通り。

f:id:dg-daiyo:20180619183714j:plain

(当日のルールブックを見てみたいという方は、個別にご連絡ください。)

直接ダイスをゲットするのは気が引けたため、「DGコイン」を媒介する方法を採用することに。

後に、これがゲームの盲点となるとはこの時点ではつゆ知らず(このあたりは塾長が書いてくれるハズ)。

獲得方法は、「大繩」を飛ぶこと。

もちろん、大人も参加型で「大繩」を飛ぶことには、賛否がなかったわけではないが、

ここは私が押し切った。

ただし、参加料のコインを当初の設定の半分ほどにした。

結果として、コインの供給量が足りなくなったりなどしたため、

私たちの想定より、「大繩」に関しては、皆様がご検討されたということである。

 

今回の設計~ダイス編~

そして、今回のメインとなるダイス。

買ったダイスの数は、特殊ダイスを含め、300以上(笑)

圧巻である。

写真は、アクティビティの管理用ボックスで購入したダイスの一部。

f:id:dg-daiyo:20180619192657j:plain

普通の6面ダイスが、「赤」「黄」「緑」「青」「紫」「黒」「白」で各40個

次に、特殊ダイスとして、「8面ダイス」「10面ダイス」「12面ダイス」「20面ダイス」が5つずつ。

そして、ダブルダイスが「6面」「10面」「12面」「20面」の4種類を2つずつ。

最後に、6面のトリプルダイスが1つ。

これだけを眺めているだけでも、十分に楽しめる。

「ダイス」を使うことで適度な「運要素」を入れつつも、

「特殊カード」を採用することで、実力でその運要素を小さくすることができるようにした。

これは、私たちがかなり初期にやった「王への請願」というゲームからヒントを得たものである。

www.tk-game-diary.net

ボードゲームをしたことのなかった私にとって、「ダイス目をいじれる」というのは、中々な衝撃で、これを使わない手はないと考えた。

 

今回の設計~アクティビティ編~

各アクティビティについては、これから各教員が書いていくことになろうと思うのだが、設計時に考えたことは、4つしかない教室で、いかに7班を機能的に動かすことができるかということ。

そこで、考えたことは以下の二つ。

・4つのアクティビティは時間制にするということ。

・教室内でのアクティビティ以外で管理者がいなくても成立するアクティビティをつくること。

 

ここに、今回は、「予約券」システムを採用した。

予約券は、下のように班によって色が異なる。

f:id:dg-daiyo:20180619192515j:plain

f:id:dg-daiyo:20180619192529j:plain

私のアクティビティでは、「黄色班」しか利用しなかったが、

これも一つゲーム要素を追加するという意味ではよかったのかもしれない。

また、管理者がいなくても成立するものとして、「写真アクティビティ」を採用した。思いの外、簡単に攻略されてしまったのは良かったような、悪かったような(笑)

さらに、街中での「ダイスの交換」「昼食」もゲームに組み込むことで、

時間を持て余す班はなかったのではないかと思う。

 

今回の設計~その他編~

今回は様々な「勝ち筋」を用意するため、「特殊カード」には、かなり嗜好を凝らした。ということで、「特殊カード」はそれだけで一つの記事にしたい。

その他、「到着順」についてもボーナスをつけることにした(サマリー参照。)。

安易に早々にゴールを目指す班が出てこないよう、獲得できるダイスは山型に配置することにした。

当初、聖蹟桜ヶ丘に先乗りして見張る班もいるのではないかという懸念もあったが、アクティビティの時間が押していたので、そこまでの余裕はなかったように思う。

最後の得点計算が「ダイス」というのも、「ワクワク感」があり、楽しそうであった。細かな得点経過は、今手元にないので、またの機会に。とはいえ、ぶっちぎりの1位が赤チームだったことだけは記しておきたい。

 

今日は、これだけで2000字を越える分量になったので、「イマジネーションゲーム」や「特殊カード」についてはまた後日。

 

 

 

 

 

今年は何をする人ぞ

今週の日曜日は、いよいよBBQ

ということで、準備も佳境に入ってきた。

今年のBBQにおける私の仕事は下記の通り

全体のストーリー設定

ゲームブックの作成

備品発注

本館3階のアクティビティーの準備

 

他のスタッフとの共同作業は

新館でのアクティビティ用意

である。

ということで、月曜日は休日を返上し、

櫻井と新館のアクティビティの準備を。

その時の様子はこんな感じ。

f:id:dg-daiyo:20180612193200j:plain

 

f:id:dg-daiyo:20180612193216j:plain

3.6m四方のこのシートを使って何をするのか、

それは本番までのお楽しみ。

年々スケールアップするしていくこのイベント。

次第にハードルも上がっているような、勝手に上げているような(笑)

 

毎年、申し上げていることであるが、このBBQのテーマは3つ。

大人のおもろさに触れる

役割と実力を知る

 

昨年から、大人も参加してロードワークを行うこのイベント。

まずは、DGスタッフが夜な夜な全力で作成した課題に取り組むことになる。

そして、それを大人も交えて真剣にクリアしていく。

大人が楽しむ姿、大人のおもろさに触れることで、

子どもが大人を楽しそうだと思ってくれれば幸いである。

大人は楽しいのだから。

 

次に、役割と実力。

今回は協力型のアクティビティーにしてある。

すなわち、大人の力だけではクリアすることができない

必然的に子どもも何かしらの役割を負うことになる。

そして、その際に自分の実力不足を知ることになろう。

世の中では、「成功体験」などという美辞麗句が躍っているが、

用意された「成功体験」など何の役に立とう。

「成功体験」は「させる」ものではなく、「するもの」なのである。

 

というわけで、来週の記事では、解説や雑感をのべることになるだろう。

これが終わると、いよいよ夏期講習。

そのまえに、幼稚園のTPP(Team PaPa)イベントがあるか。

 

『ハコサクライ』(仮称) 作成中につき

いつもの記事の時間ですが、来週に迫ったBBQで使用するイベントの作成が終わっていない(どころか始まって間もない)ため、簡単な記事でご了承ください。

 

 

BBQまで残すところあと10日

進捗 2%

 

いくつか出したアイディアの中から「比較的間に合いそうなもの」を選出し、今から細かいネタ出しをはじめようと思います。

 

 

とりあえず簡単なメモ。

f:id:dg-daiyo:20180607230452j:plain

ざっくり言うと、

既存のゲームを20分くらいで終わるように圧縮したようなもの。

メモの空白が大きいのは、まだ決まっていないことが多いため。

 

 

このままいくと、来週はもっと短い記事になると思います(笑)

その時にはもっと具体的な完成品が上げられるといいなぁ。

厄を払うはBBQか、はたまた金髪か

今年は父親の参加が多い

今年もBBQの季節がやってきた。

もっとも、この「BBQの季節」というのは、一般的なものではなく、

弊社に限ってはということになる。

毎年、6月第3週に行うこの企画は、「梅雨」という天敵に悩まされる。

とはいえ、次第に規模を拡大し、今では約60人ほどの参加をいただくイベントとなった。

しかも、今年は面白い傾向として、「母親」より「父親」の参加が多い

お父様方おお近づきになれるチャンスでもあり、

私としては、「Shimaiの会」の会員を増やすチャンスでもある。

男子を子に持つお父様がご入会の際には、

「Suehiro会」に名称変更が必要となるかもしれない。

 

DG的厄払い

さて、春の珍事というものの、今年は特に新学年がスタートした2月から、

私たちにとっては、あまりよくない出来事が続いていた。

「言霊」というものを、一応考えなくもない私としては、

詳細に関して書くことは控えたいと思うが、

スタッフ全員で地元「烏山神社」にお祓いに行こうと話しがまとまるくらいであるから、それなりにそれなりだったわけである。

 

ところが、ところがである。

突然、GWが明けたころから、風向きが変わってきた。

お問い合わせの数が増え始め、今月は新入会が2名である。

さらに、私はごはん屋さんでたまたま隣になった方と話が弾み、名刺交換させていただくなど、人のご縁も広がってきた。

さて、そこで、何がDGの風向きを変えたのか考えてみた。

しかし、そこはさすがDG

全員の主張は次のとおりである。

塾長:私が自転車で通勤し始めたからだ。

末廣:私がHPを作ったからだ。

櫻井:私が高尾山に登ったからだ。

田川:私が金髪にしたからだ。

 

素晴らしきまでの自己主張

全員が自らの功績と主張して譲らない。

これこそがDGの真骨頂である(笑)

 

ここからDGの躍進が始まる

とはいえ、何より、風向きが変わったことは良かった。

寧ろ、いまDGに風が吹いていると言っていい。

幸運に預かりたい皆様、お幸分け致しますので、ぜひDGにお声掛けください。

何だか宗教っぽくなってきたので、このあたりで今日は終わりにしたい。

ちなみに、私末廣は、高校3年生の時、担任の先生から真顔で、

新興宗教の教祖にだけはなるな」と言われた経験があります。

彼は私の将来に何を見たのだろうか。。。