塾講師、かく語りき

塾講師、かく語りき

合同会社ディープグラウンド(DG)が運営する、京王線千歳烏山駅にある中学受験塾、烏山進学教室。講師が語る、学問に関係あることないこと。

中学受験

幼稚園に入るまでに「ひらがな」を書けるようにする方法

DGのノウハウ大公開!? いつも自分勝手に、まさしく徒然なるままに書いているのであるけれど、 たまには(!?)、有益な、というか塾講師っぽい情報も書いてみようかと思い、 4本連続記事の最後として、「初めてのひらがな学習法」について書いてみようと思…

ボードゲームもまた然り

コミュニティは広がるよどこまでも 今年は娘が幼稚園に行くようになり、親の私たちも一つコミュニティが増えた。 普段会わないような人と会ったり、お酒を飲んだり、 人の和が広がっていくことはとても楽しい。 「人脈」というと少しだけ響きがいやらしくな…

嘘から出た理

生徒の実力を把握する 今週は、4日連続で私末廣の連載である。 というのも、 5年生男子の首都圏模試に関して、 3人の総合偏差値を予想し、 最も遠かった者が4日連続でブログを担当することになっていたからである。 どこからともなく、「生徒の成績で~」な…

類は友を呼ぶ

幼稚園のイベント 先週の日曜日は、幼稚園でのパパたち(TPP)主催のイベントがあった。 その名も「久我山スプラッシュ☆」 まずは、当日の様子はこちら。 園庭に海賊船が登場し、その海賊船からボスがホースで噴射。 子分たちは親分を守るべく奮闘する。 子…

BBQの裏側➅【「競り」とは人生だ】

いよいよ今回でBBQの説明については最終回。 気が早いもので、既に来年はどうしようかと櫻井と話していた。 今年は、意図的にアクティビティに寄った内容だったので、 来年度は暗号のような思考系との融合もあってよいのではないかとか、 反対に、より一層激…

BBQの裏側⑤~【交渉】

お陰様で、今月は閲覧数が700を超えました! 目指せ10倍、ではあるのですが、とりあえずよいことです。 そして、久しぶりに4人の更新が揃いました(笑) 小さいことをコツコツと、いつかDGがバズる、その日がくるまで。 ダイス交換アクティビティ さて、ここか…

BBQの裏側~その③【とあるアクティビティの反省】~

皆さんBBQお疲れ様でした! おいしいお肉をたくさん食べて、お酒も飲んだので、今週は運動ウィークとなっている桜井です。 さて、BBQのあと恒例のものと言えば、BBQ振り返り記事。 去年の今頃は、私が1人で暗号の解説を行っておりました(笑) 2日に1記事のペ…

BBQの裏側~その①【ストーリー設計編】~

BBQも無事に終わりました。 今年は雨に悩まされることもなく、アクティビティからBBQまで恙なく終了することができた。今年は、意外にも初めての4人全員の共同作業であったのだが、 アクティビティの設定、難易度などは今までよりも順当に行ったのでは…

今年は何をする人ぞ

今週の日曜日は、いよいよBBQ。 ということで、準備も佳境に入ってきた。 今年のBBQにおける私の仕事は下記の通り ・全体のストーリー設定 ・ゲームブックの作成 ・備品発注 ・本館3階のアクティビティーの準備 他のスタッフとの共同作業は ・新館での…

厄を払うはBBQか、はたまた金髪か

今年は父親の参加が多い 今年もBBQの季節がやってきた。 もっとも、この「BBQの季節」というのは、一般的なものではなく、 弊社に限ってはということになる。 毎年、6月第3週に行うこの企画は、「梅雨」という天敵に悩まされる。 とはいえ、次第に規模を拡大…

入り口が語るもの

入試制度にについて話します。 たまには塾講師のようなブログも書かなくてはということで、 今日は「入試」についての話である。 2019年度も、少なくない学校が入試日を増設したり、 新たな受験制度を創設するなどしている。 ここでは、個別具体的な学校名に…

速さが感覚から数値になるまで

5月に入ってから、6年生の算数の授業では『速さ』の問題を取り扱っています。 これまでの経験上、5月の段階で速さの問題をしっかり理解して解けるようになる生徒はほとんどいません。 何となくわかったような気になって次に移る生徒が大部分で、人によっては…

赤いスーツを着る人、着せる人、そのまたイメージを創る人

温暖化がやってきた 「昨年の思い出の写真を見てみよう」 google photoを使用していると、勝手にスマホに表示してくれる。 子どもがいなければ、無視される確率の高い子の表示も、 二児の父ともなると、つい開いてしまうというのが、親の性といったところか…

BBQは突然に

今日は水曜日 ブログを書くという習慣がついて、もう半年以上になる。 気が付くと、書いてきた記事の数も30ほどになってきた。 若干2名ほど、サボり気味の者がおり、 何だかんだといっても、「コツコツ型」は、私と櫻井だったのかと感じている今日この頃。 …

見えないものと戦う

末廣のお仕事 弊社では、社外の人とお会いするのは、私の仕事となっている。 今年は、授業のコマ数も少なく、 「塾講師」っぽくないものが、私の主戦場といえる。 そして、重要な職務の中に「交渉」というものがある。 物件の賃貸借契約や看板等の制作物など…

男たちのジレンマ

女子専門の男子部 弊社は、「女子専門」の塾である。 しかしながら、ありがたいことに、「弟もぜひ」と言ってくださる方もいて、 今年は5年生男子が3名でスタートしている。 男子は女子とは異なり、週1を基本としたスタイルは採用していない。 理由は簡単だ…

今週のくらべろ~

今月は判定テスト ボードゲームを素材として授業に取り入れ始めてもうすぐ3か月が経とうとしている。 今月末には、判定テストが実施されるため、一つの結果が出る。 新しいことを始める場合、もちろん、「こっちの方がよい」と判断して始めるのだが、 「よい…

コロ説を賜る

ネタの宝庫 今週は珍しく(!?)ブログのネタが満載だった。 しかし、心優しい私末廣は、 水曜日のために「入学式」を、 木曜日のために「ボードゲーム大会」を封印し、 いつものように、授業中で扱ったボードゲームについて書いていきたい。 コロレット 今週…

春期終わって

春期講習を受講された皆さま、お疲れさまでした。 この8日間にわたる勉強の日々、何か手応えのようなものは感じられたでしょうか。 春期講習では2月、3月の内容をザックリと1周しなおしてみました。 が、意外と忘れていることも多かったと思います。 ちゃん…

業務提携のお知らせ

桐友学園と弊社、合同会社ディープグラウンドはこの度、業務提携契約を締結したことをお知らせいたします。 これにより、桐友学園は2018年度から下記の通りに変更となります。 1 授業は、午前中に集中し、午後からは弊社プロデュースの「臥薪嘗胆」を実施い…

賽は投げられる前に

下手の横好き 「好き」と「得意」は必ずしも一致する概念ではない。 とはいえ、これらが大きく異なることは珍しく、 通常は、勝ったゲームを楽しく感じたり、好きに感じるものだ。 この辺りは、前回ブログで書いた通りであるのだが、 中には例外もある。 そ…

タイムレース動画

まず私事になりますが、今月の19日が誕生日でございます。 ありがとうございます。 ということで、毎年この時期に、1年間の振り返りと、次の1年のおおよその方針を決めています。 大人になってから年々、1年の長さを短く感じるようになってきています。 だか…

Life is まね~

今週はQuibbit 今週授業で扱った教材は、「Quibbit」である。 これは、メビウスゲームズ様主催のゲーム大会でも、 実施されるゲームの1つになっており、恐らくは私が担当することになりそうだ。 「恐らく」としたのは、最終的な担当者は明日の社内コンペで決…

ワイルドなバイキング

失敗から得るもの 娘が好むゲームとしては、「スティッキー」や「ペンギンパーティー」がある。 そして、今回、そのラインナップに一つ「ワイルドバイキング」が加わった。 先日の「すごろくや」のセミナーで体験したゲームのひとつであり、 ルールも簡単で…

汝考えよ、さらば道は拓けん

五教科×ボードゲーム 先日、すごろくやのイベントに参加してきた。 sgrk.blog53.fc2.com すごろくや代表の丸田さんはゲームの専門家、 アナログゲーム療育の松本さんは療育の専門家 ということで、教科指導・進路指導が専門の私たちとは異なる観点からのイベ…

模試は入試より出でて…

ガラパゴスと呼ばれて 桐朋女子の専門塾だった沿革から、 弊社には、「口頭試問」という授業がある。 (現在は、御三家以外の女子中に広く対応しています。 大手塾で一番上のクラスでない方、 御三家以外の学校が第一志望の方は、是非、一度ご相談ください。)…

宴の余韻と裏側

今回は、先日の祝日に開催された、6年生の合格祝賀会の一日について書こうと思います。 参加された方にしか分からない部分もあるかと思いますが、予めご了承ください。 宴の時間 去る2月12日、本年度の受験生とそのご家族の方々をお招きして、合格祝賀会が開…

動画100分、自ずからアホになる

弊社のタイムレースという算数教材の解説が、youtubeにアップされている。 櫻井がセリフを書き起こすところから作成した超大作である。 www.youtube.com 近年では、あらゆる動画教材が利用可能であり、 私たちのときとは随分、学習環境が異なる。 「今の子供…

終わりよければすべて良しだが

果たして受験は終わりなのか始まりなのか

進学塾的ゆく年くる年

まずは受験生の皆さん、受験お疲れさまでした。 すでにほとんどの学校では入試結果の発表が終わっています。 十分な成果を上げられた人も、残念ながらそうでなかった人もいるでしょう。明暗分けるための仕組み、それが受験です。 合格した皆さんは油断しない…